神奈川県でも「自転車保険の加入」が義務化へ

神奈川県では、2018年度内に自転車保険の義務化を盛り込んだ条例の制定を目指しているというニュースがありました。
ニュースの内容はこちら

年々増えている自転車事故

神奈川県のくらし安全交通課によると、2017年度の県内での自転車事故は6546件。
2016年度に比べて10%以上も増えたとのことです。

2015年6月に道交法が改定され、自転車に関する取り締まりが強化されているにも関わらず、事故は増えています。

エコや健康のために自転車を利用する人は多いですが、右側走行やスマホを見ながらの走行等のルールを守らない自転車を多く見かけます。
自転車事故が増えているのも納得いく気がしますね。

自転車でも死亡事故は起きる

今回、自転車に関する条例を制定する神奈川県では、昨年12月に自転車による死亡事故が発生しました。同県川崎市で当時20歳の女子大学生が前方不注意で歩行者と衝突し、歩行者を死亡させたのです。

この女子大生は飲み物とスマホを持ち、スマホを操作しながら自転車を走行していました。この事故により女子大生は書類送検され、さらに大学を退学する事態になりました。

6月にも茨城県で前方不注意の自転車による死亡事故が起きました。
加害者は19歳の男子大学生で、夜道を無灯火で走行し、スマホを操作中に歩行者の男性をはねたようです。
この男子大学生も書類送検されています。

いずれの事故もスマホ操作中の前方不注意によるものです。
歩きスマホが危険だということがよく言われていますが、自転車走行中にスマホを操作することも当然危険です。

自転車は免許不要で誰でも乗ることができるので、安全な乗り物だと思っている人も多いでしょう。
しかし、自動車と同じで安全な運行をしなければ凶器にもなります。そして、自動車と同様に事故を起こしたら高額な賠償請求がされることもあります。
おそらく先ほどの2事故でも高額な賠償請求がされるでしょう。

自転車に乗る方は「たかが自転車」と思わずに、必ずルールを守っていただきたいです。

自転車事故への備えを

神奈川県が自転車の賠償責任保険を義務化する条例を制定しますが、既に保険加入を義務化している自治体も多くあります。
今後も増えていくことが予想されます。

自転車は少しの不注意が重大な事故につながることがありますし、交通ルールを守っていても事故を起こしてしまうこともあります。
そのような時に備え、自転車保険(賠償責任保険)には必ず加入しておきましょう

インターネットで加入できる自転車保険もたくさん売られているので、比較・検討して保険を選ぶと良いですよ。
自転車保険の複数比較サイト

自転車保険は相手を守るためだけでなく、自分自身も守ってくれます。

(以下はニュース記事からの抜粋です)

「自転車保険」加入を義務化へ 神奈川県、賠償高額化で年度内に条例

 県は自転車損害賠償保険の加入義務化を柱とする条例の制定を年度内に目指す考えを明らかにした。
自転車が関連する事故が増加し、高額な賠償が求められるケースが相次いでいるなか、県民の安全と安心を実現するのが狙い。

 条例では、自転車の安全で適正な利用を促す予定で、県では今後、関係団体や有識者の意見を参考にしたうえで素案をまとめ、意見公募を行ったうえで条例案をまとめる。
黒岩祐治知事は「啓発から一歩進めた取り組みが必要だ」としている。

唾液で健康診断が済んじゃう?生保と医療ベンチャーが共同研究。

生命保険各社が、唾液などで病気かどうかが分かる簡易検査技術の確立や普及に向けて、医療ベンチャー企業などとの協力を進めています。
新しい技術に素早く対応して取り入れようとする姿勢は評価できると思います。
新しい技術が確立すれば、病気の早期発見に繋がり、保険の引受データとしても正しい判断ができると感じます。それにより、保険金の支払い減少も期待され、保険会社の収益の安定も望めると考えます。
また、医療ベンチャー企業も症例データの活用などにメリットがあり、双方にとって成果が期待できるため協力体制は強められていくのではないでしょうか。

生命保険の加入時には、告知もしくは健康診断などの診査を通し健康状況が問われる商品がほとんどです。
告知の場合は、書面上に被保険者が記入するだけのため、告知漏れや不十分となりやすく、保険金を支払う段になってトラブルになるケースもあります。
会社の健康診断の流用の場合は1年以内の検診結果とは言え、タイムリーな健康情報とは言い切れません。
診査の場合、血液検査をし、保険金額などによっては心電図を受診することもありますが、それでも全身をくまなく検査するとは言い切れないと思います。
新しい技術の確立や普及により、より正確な健康状況のデータを取得できれば、保険引受の際には公平性が増すと感じます。

新しい技術による健康データが会社のアピールに

日本生命保険が提携を結んだ医療ベンチャー企業は、唾液を使ってがんの検査ができる技術の開発を進めています。
アメリカンファミリー生命保険は尿中の物質からがんを見つける技術を開発した日立と手を組み、太陽生命保険は血液検査で認知症の前段階を判定できる技術に向けてバイオベンチャーに出資しています。
新しい技術が確立されれば、がんや認知症の早期発見に繋がり、そのサービスを受けられる、技術開発に協力したとなれば、保険会社のアピールにもなるのではないでしょうか。

がんや認知症は、高齢化社会になりこれからますます心配に感じる人が増えて行くと思います。
治療の医療技術も向上しており、早期発見、早期治療ができれば病気の完治や進行を遅らせることも可能になってきています。
早期発見を可能にする新しい検査技術の確立は、私たちの生活にも大きな効果がもたらされると感じます。

バレエダンスは柔軟性を手に入れれば途端に楽しくなる

しかし体を柔らかくする柔軟性というのは誰しもがもっている可能性があるのです。

体の硬さというのは関節とひっついている腱の伸縮性が不十分なために起こり得ることです。

腱はうまれつき柔らかい人はいません。

ですのでバレエを通して訓練をして少しずつ体の柔軟性を手に入れるのです。

始めの内はとても、つらいことかもしれませんが練習を重ねていく内に段々と、

バレエというのは上達していきます。

バレエダンスは柔軟性を手に入れると途端に楽しくなります。

柔軟性を手に入れたことで、今までできなかった動きや身体的な形を作ることができるようになります。

柔軟性を一つ手に入れたことによって様々なダンスを行うことができるようになります。

またバレエダンスというのは他人と競うというものではなく、いかに自分の芸を磨けるかにかかっています。

ですのでバレエダンスには無限に広がる可能性があるのです。

バレエダンスというのは小さい女の子がよく習うという印象がありますが、

大人の方でも全然遅くはありません。

もちろん男性でもバレエダンスを行う価値があります。

バレエダンスは男女問わず誰でも楽しめるものだからです。

もし興味があるのならバレエダンスに挑戦してみてはいかがでしょうか。