大人バレエの面白さとは

バレエは幼少から始めるもの、という固定観念が薄れて随分経ちます。今や、何歳からでも始められ、また受け皿も増えています。オープンスタジオ、フィットネスクラブ、愛好会・・・大人は自分の意思において生活環境や年齢、体調などにあったレッスン場を自由に探すことができます。

バレエは成人の習い事や趣味の一つとして、確立されていると思います。

大人バレエの「面白さ」は、ある意味「辛さ」と表裏一体です。

バレエで必要な骨格・柔軟性・変化を受け入れるだけの身体的余裕がネックとなり、なかなか思うように進みません。特に日本人は勤勉で真面目なため、自分のできない部分やダメな部分に焦点を当てがちです。大人であるがために完璧を求めすぎます。

しかし、ダメな部分も多いけれどダメではない部分も必ずあるもの。そちらの方にスポットライトを当てるのが上達の近道と考えます。

大人バレエの需要が多い今、教師の「成人から開始した人に教える」スキルも上がっています。それらの独自のアプローチにより、大人からでも十分上達の道は開けています。そしてそれに加え大切なことは、習う側の意識ではないでしょうか。

ダメな部分を数えるのではなく、できることを数えていく。ダメな部分は今後の進歩の楽しみと捉える。そして、自分が変わることへの欲望を持つということです。これらは年齢に関係なくできることで、どんな条件の人でも今すぐに始められることであると考えます。

柔軟性がなかったら家で15分のストレッチを習慣にすれば良いし、筋力が足りなかったら家でできる筋力トレーニングの方法を先生から教われば良いのです。方法はたくさん提示されているはずですが、大人は言い訳が多いのも事実。それら努力が面倒になると、「骨格条件が悪い」だの「仕事が忙しい」だの「年齢」だのと逃げ込みます。

バレエは楽しいけれど、「楽」なものではありません。しかし、そこが魅力でもあるのです。大人は頭で理解ができます。体は脳が動かすものですから、絶対に上達できるはず。今までの身体についた習慣や行動習慣を、一度リセットするつもりで臨めば、バレエはとても楽しいものになり、鏡に映った自分は数ヶ月前の自分とは違っているはずです。

バレエは素晴らしい!

私は母のバレエへの憧れがきっかけで、都内のバレエ団のジュニアクラスに4歳から通い始め、その後神奈川県内の別のバレエ団のジュニアクラスに移って14歳まで、計10年間バレエを習いました。

バレエの楽しさは書ききれないほど沢山ありますが、一番は舞台での高揚感、でしょうか。音楽が流れて真っ白にライトアップされた舞台に出、客席の視線が全て私に集まる…あの感覚は他ではなかなか味わえないものだと思います。

大変なことは勿論沢山あります。例えば、巻き爪や外反母趾といった障害は出やすくなりますし、トレーニング方法を間違えるとすぐに関節や靭帯を故障してしまいます。一方で、関節や身体の柔らかさのおかげで捻挫や転倒による酷い靭帯損傷や骨折などは他人より少なかったように思います。

バレエの技術の習得は勿論大変です。正確なポジション、音楽に乗る感覚など、手っ取り早い方法というのはなかなか無いように思います。私自身リズム感覚はあまりなく、体力もなかったため振り付けを覚えたりするのは一苦労でしたが、レッスンに加えて自主練習を行うなどしてかなり踊れるようになりました。急がば回れ、ということですね。

私は故障でバレエを辞めざるを得なくなり、大会などに出ることもなくバレエ人生を終えましたが、バレエしていて良かったと今でも思っています。いまだに姿勢の良さを褒められることも多いです。またバレエに限らず、ですが、芸術に触れるというのはとても重要な経験です。クラシック音楽の素晴らしさや、人体が表現できる最高峰の美を自分の身体で体感し、少しですが表現する機会を得られたのは、私の人生の糧となったと思っています。

習い事以上の芯になっています

私は小学校1年生から中学校を卒業するまで、クラシックバレエを習っていました。

3つ年上の姉が、少女マンガに影響されて「やりたい」と言い出したことがきっかけです。

近所にあった小さい個人のバレエスタジオに、姉妹二人で同時に通い始めました。

女性の先生が自宅のスタジオを使って開いている教室です。

いくつかある時間帯のどのクラスに行っても自由。

小さい教室ですが当時幼稚園生から社会人まで、40人くらいは在籍していたと思います。

この先生がとても人柄のあたたかい方で、レッスンのあとには先生の家で着替え、時間の許す限りみんなでお茶を飲みながらおしゃべりを楽しんだりもしました。

毎年恒例の発表会では、大きな市民ホールで本格的な舞台に上がります。

大きなステージに、素敵な照明や衣装もあり、とても華やかな公演でした。

毎年ゲストにお招きする男性プロダンサーと、パドドゥ(二人で組んで踊る演目)を踊る相手に選ばれるように、日々の練習を頑張りました。

柔らかいバレエシューズから始まり、つま先で立つトウシューズを履かせてもらえるようになった時、男性と組んでステージの主役となった時、それぞれの達成感、感動がありました。

また華やかな舞台の裏は、教室の雰囲気そのままに、実にアットホームで手作りだった記憶があります。

お姉さんは子供たちのお世話や練習のお手伝い、舞台メイクや衣装の修理なども生徒同士で助け合って行いました。

小さな妹・弟のような子供たちがステージ上で一生懸命踊る姿を見たときは、子供ながらに感動したもので、単なる習い事以上のさまざまなものをもらったと思っています。

バレエのレッスン自体は高校生になって辞めてしまいましたが、小さい頃から柔軟体操をしてきたことは、今でもとても有利です。

ヨガなどに行っても体が柔らかいと褒められますし、疲れが溜まりにくい体になっていると思います。

今でも家でストレッチを行いますが、たまにはクラシック音楽の中でバレエを踊る、優雅な時間が欲しいなと思います。

ダンスは時間を忘れる程の楽しさ

ダンスを始めたきっかけは、深夜に見たダンスバトルのテレビ番組でした。自由に踊っている様に見えてかっこよく楽しそうで一気に引き込まれました。

ダンスをしていた場所は、家でしていたり学校でもしていました。学校は大きなミラーがあるので自分の姿をよく見られるので、そちらで踊る方が多かったです。

2~3年は、かなりはまって踊り続けていました。

楽しかった事は基本的なステップとかはありますが、自由な感じで踊れるところです。

自分のお気に入りの曲で踊れると楽しさが倍増します。

周りで踊っている人もとても楽しそうだし、自分の好きな事をやっている人達のいる空間はとても居心地が良く楽しいです。

そして仲間とのダンスで息がピッタリと合った時の感じは最高に気持ちが良いです。

大会の出場経験はありません。

最初に踊る時は、やはりミラーに映る自分の姿が恥ずかしくてまともに見る事が出来ませんでした。

でも、上手い人はしっかりと自分の姿をミラーでチェックしてダンスをしているので、まずは一人の時に自分の姿をしっかり見て練習をしました。

あと自身が無いと動きが小さくなりかっこよく見えないので何回も練習はしました。

上達するには、楽しさを忘れない練習と上手い人に沢山出会う事だと思います。

最後にダンスをしていて良かった事は、踊っている時は嫌な事も忘れられてストレス発散にもなり、いい汗もかく事ができ、とても充実した時間を過ごせる事です。知らなかったいい曲にも出会えた事です。

大学までヒップホップのヒの字も知りませんでした。

ダンスを始めたきっかけは、大学の入学式の際のサークル発表の時にストリートダンスサークルのショーを見た事でした。高校まで野球一筋だった自分にとって、ダンスという言葉に全く触れる事なく、この時に初めて目の前で踊っているショーを見ました。

何の知識もなく、何の経験もない私にただただ「かっこいい!」と思わせてくれた事をよく覚えています。野球も大学で続ける気はあまりなかったので、すぐサークルに入りました。そこまではよかったのですが、見るのとするのは違い、、、、当たり前の事ではありますが今まで使った事のない筋肉を使い、同じ曲を何百回と聞いていると飽きてしまう時期もあり悪戦苦闘しました。

ただひとつひとつの動きを身につける事で少しずつ出来る幅が広がってくると、どんどんのめり込みたいという感覚が高まりました。ヒップホップを通して頂く機会もあり、そのまま大学4年間サークルに所属していました。学生イベントや、クラブのイベントに参加しましたし、何より音楽に乗せて踊る事に言語の壁は無いので、知らない人や海外の方とも、クラブで楽しめるヒップホップが大好きになりました。

自然と町で流れる音楽に28歳になった今でも勝手に体が揺れてしまいます。どこかイメージで近づきにくいイメージを持っている方も多いかと思いますが、ヒップホップという文化は人と人のを自然と近づける素敵な力を持ったものだとヒップホップを経験して体感しました。

ヒップホップダンスの経験

私は十代の頃、ヒップホップ音楽に非常に興味を持ち、音楽を聴き始めたことで、ヒップホップ文化や歴史について独学で勉強をしました。その中でもヒップホップダンスに興味を持ったことがきっかけで、ダンスを始めました。と言ってもさすがにダンスを独学で学ぶことには限界があったため、知り合いの紹介で、ヒップホップダンス教室に通いました。

ダンス教室での内容は、鏡張りの教室で、先生の動きに合わせて動き、ある程度動けるようになってきたら、音楽に合わせてダンスするという形でレッスンが進められていきました。初めは、流れるように進んでいくレッスンになかなかついていくことが難しい状態でしたが、日を重ねていくうちにスムーズにレッスンについていけるようになりました。

また、先生にわからない動きやステップについてレッスン後指導してもらうことで大分助けられました。

ダンス上達のコツは、やはり努力が欠かせません。レッスンだけでなく、自己練習に励み、またダンス教室でできた友達と路上で練習したりしていました。

ダンスをしていてよかったことは、世界が広がったことです。元々ヒップホップが大好きだったので、ダンスを通じて出会う、ヒップホップをこよなく愛しているという共通点を持つ知り合いや友人ができたことは一番ダンスを始めてよかったことです。また、ダンスを始めたことで、やはりかっこよく踊れるようになり、踊ることでストレス発散や楽しむことができることもダンスを始めてよかった点の一つです。

私は趣味でダンスをしているため、大会などへは出たことがありませんが、クラブでショーケースなどで踊るのはとても気持ちがいいです。

ヒップホップダンスしてるなんて見えないと言われても

音楽が昔から好きだった私。クラシックだけではなく、ソウルやポップス等の洋楽も好きでした。

音楽と一緒なら、楽しめるかもしれない。

そう思って職場近くで通えるダンス教室を一度見学することにしたのでした。

当時私は20代で、ヒップホップダンスなんて子供しかやっていないんじゃないの、とおそるおそる

見学へ行ってみたのですが、年齢ごとに分けて子供クラス大人クラスとあると説明されほっとしました。

クラスも初心者からレベルがある様子。

何事も始めてみてから考えよう!ということで勢いでそのまま入会したのでした。

まあ駄目だったらやめればいいやと軽い気持ちでした。

最初の1年間はひどいものでした。

最後にターン、ポーズ!で皆と反対向いてお尻見せてポーズをとってしまう私。

片足でリズム取ろうものならそのまま一直線に倒れこむ私。

そんな私が何故1年も続けていたかというと、一緒に踊っている仲間たちがみんな上手い下手にかかわらず踊ることを純粋に楽しんでいたからでした。

どんなに下手で足をひっぱっている私にも休憩時間に丁寧に教えてくれたり、できない私をネタにして笑ってくれたりそんな皆の笑顔に支えられ私もダンスを楽しんでいくことができたのです。

服もポップな服なんて一枚も持っていなかったので皆におすすめのお店へ連れて行ってもらい、選んでもらいました。似合う似合う、なんて言われながら生まれて初めて大きなダボダボしたティーシャツを購入したのは今では大事な思い出です。

今では続けて5年目に突入しました。

すっかりダイエットのことなんか途中から忘れていましたが、会社では足と腰をくびれが出来たと言われるようになりました。

ホルン片手に吹奏楽しながら、自己紹介のときは必ず「ヒップホップダンスもやっています」と付け加えるようになりました。クラシックな世界なのでざわざわっと毎回なります。それもちょっと楽しいのです。私は見た目も運動音痴そのものなので、初対面の人には皆に驚かれます。

そんな時はちょっとだけダンスを披露してみます。

この5年で飛躍的に上手くなった訳ではありません。
でも、今は自身を持って趣味はホルンとダンス、と言えるのです。
目標はダンス歴10年以上。夢じゃないかもしれません。

Studio S プロフィール

S60 ダンスアベニュースタジオS設立

レッスン指導

ジャズダンス、エアロビクスのスタジオとして開業。現在はジャズダンス、クラシックバレエ、ペルヴィスダンスを行っている。対象は3才児からと幅広い。
スタジオS本校および本荘教室の他、秋田テルサ、大曲社会保険健康センターにクラスを設ける。
学校教育関係の仕事も多く、各小中学校の授業に取り入れられている。
H2年より毎年ニューヨークに研修、レッスンやショーに取り入れている。
ダンスコンクール、コンテスト等への出場。振付・指導を行っている

公演

夏にジュニア公演「ちびっこ天国」開催。POPs,ROCK,etc…によるダンスナンバーやわんぱく探検隊を発表している。
冬には大人による「ウィンターカーニバル」を開催。近年では安藤兄弟、長谷川留美子氏、joell、峯藤高氏とコラボしたプログラムを発表。ミュージカル形式のプログラムやPOPs,ROCK,JAZZ,etc…によるダンスナンバーのプログラムなど見所満載で発表している。
5周年、15周年、20周年では秋田キャッスルホテルにおいてディナーショーを開催。2011年7月にはスタジオS25周年、ピアノサロンK20周年を記念し、「K&S ジョイントステージ MODERN WOMEN」を秋田キャッスルホテルにて開催。

ジョイントライブ

ジャズピアニスト河野三紀のライブ「エレガントジャズinキャッスル」を企画、演出、出演。
テイチクレコード、木原たけしのディナーショーも毎年恒例となっている。
角館町はっぽん館において俳優 山谷初男氏と共に「はっぽんとさっことその仲間たち」を上演。
HNK秋田放送局開局70周年記念ステージに出演、小櫻舞子の「恋する城下町」に振付、出演。

パッケージショー

各市町村のイベントに多数出演。
秋田市「秋田花まるキャンペーン」「成人式」「市政100周年」
能代市「おなごりフェスティバル」羽後町「ゆきとぴあ」「羽後町賛歌2001ひな祭りコンサート」
八竜町「サンドクラフト」五城目町「きゃどっこまつり」昭和町「八郎まつり」藤里町「ワインまつり」などetc…

近年では秋田ワールドゲームズ2001において開会式前プログラムのアトラクションに出演。(浜田小学校全校生徒を含む300名)
開会式は中学生300名によるマスゲーム振付。
閉会式でもミュージカル形式で100名演出、成功をおさめる。
2007年秋田わか杉国体開会式々典前演技、振付、演出、出演。秋田わか杉大会開会式々典演技、振付、演出、出演。
2008年より秋田文化団体連盟主催、「四季の彩」へ出演。
ヘアーショー、ファッションショー、ブライダルショーへの依頼なども企画、演出、出演。2010年より秋田モデルクラブ「ステラ」専属ウォーキングインストラクターとして指導している。
各パーティのアトラクションでは開会主旨にあったショーを振付、出演。
演歌や民謡(秋田音頭など)にも振付、各リサイタルに出演。2010年秋田オリジナルフリーダンス「ヤートセ!!」振付。