ヒップホップダンスの経験

私は十代の頃、ヒップホップ音楽に非常に興味を持ち、音楽を聴き始めたことで、ヒップホップ文化や歴史について独学で勉強をしました。その中でもヒップホップダンスに興味を持ったことがきっかけで、ダンスを始めました。と言ってもさすがにダンスを独学で学ぶことには限界があったため、知り合いの紹介で、ヒップホップダンス教室に通いました。

ダンス教室での内容は、鏡張りの教室で、先生の動きに合わせて動き、ある程度動けるようになってきたら、音楽に合わせてダンスするという形でレッスンが進められていきました。初めは、流れるように進んでいくレッスンになかなかついていくことが難しい状態でしたが、日を重ねていくうちにスムーズにレッスンについていけるようになりました。

また、先生にわからない動きやステップについてレッスン後指導してもらうことで大分助けられました。

ダンス上達のコツは、やはり努力が欠かせません。レッスンだけでなく、自己練習に励み、またダンス教室でできた友達と路上で練習したりしていました。

ダンスをしていてよかったことは、世界が広がったことです。元々ヒップホップが大好きだったので、ダンスを通じて出会う、ヒップホップをこよなく愛しているという共通点を持つ知り合いや友人ができたことは一番ダンスを始めてよかったことです。また、ダンスを始めたことで、やはりかっこよく踊れるようになり、踊ることでストレス発散や楽しむことができることもダンスを始めてよかった点の一つです。

私は趣味でダンスをしているため、大会などへは出たことがありませんが、クラブでショーケースなどで踊るのはとても気持ちがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です